トイレつまりをなくして水道修理を減らす予防法

トイレがつまった!早急な水道修理が快適なトイレ空間をつくる トイレがつまった!早急な水道修理が快適なトイレ空間をつくる

トイレつまりをストップ~つまりを発生させないための予防方法~

業者"

トイレつまりを発生させないためには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。つまりの予防や対策について紹介します。

つまりを予防するための3つの方法

トイレを清潔にする
自宅のトイレにカレンダーや置物などを置いているご家庭も多いのではないでしょうか。しかし、これが何かの拍子で便器の中に落ちてしまい、気付かず流してしまえばつまりの原因になります。トイレ周りは物を落としてしまわないよういつも綺麗にしておく必要があります。
節水をしない
トイレタンクの中にペットボトルなどを入れる節水術は、つまりの原因になります。本来決まっている流水量を勝手に減らしてしまうと、物が流れきらず便器内部に溜まってしまうのです。これが原因でつまりやすくなってしまうため、節水はトイレ以外で行いましょう。

つまり対策は自分でできる

気をつける項目を見てみると、自分で予防できる対策ばかりであることが分かります。日頃のメンテナンスによってトイレのつまりは回避できるということです。

予兆に気付いて深刻なトイレつまりを回避しよう

なんとなくトイレの様子がいつもと違うなと感じた時は、もしかしたらつまりの症状が出はじめているのかもしれません。

こういう症状が出たら要注意

水位が高い
水が流れにくく、その後の水位がいつもより高い時は要注意です。これはトイレ自体の問題というより配水管がつまっている可能性を疑ったほうがよいでしょう。ラバーカップを使った対策方法を行っても解消されない場合は、トイレ修理の専門家に依頼してみましょう。
水流が少ない
水流が少ないというのは、便器内のつまりが原因というより汚物を流すための水圧が足りない場合が多いです。水圧が足りないと、配水管や便器内でつまりが発生してしまいます。場合によっては、タンク内の修理が必要になることもあります。
異音がする
水を流した時に異音がする場合は、トイレ内部に異物がつまっているか、配水管に異常があるということが考えられます。このような場合は、トイレの水道修理が必要になることもあるので、専門業者に連絡して解決してもらう必要があります。

症状を早く察知して対策

このような症状が出たら、すぐに適切な対策をとる必要があります。早めに対処しておくことで、トイレつまりの予防にもなるでしょう。

TOPボタン