トイレつまりに繋がる原因とつまりが起こりやすい箇所

トイレがつまった!早急な水道修理が快適なトイレ空間をつくる トイレがつまった!早急な水道修理が快適なトイレ空間をつくる

2度とトイレつまりを起こさないために知っておきたい重要なこと

トイレ

トイレつまりを起こさないように注意することをまとめました。ポイントを押さえることで簡単にトイレつまりを改善できます。

トイレつまりが発生してしまう原因

大量のトイレットペーパーや便
トイレつまりの原因として一番にあげられるのが「トイレットペーパーや便」になります。トイレの排水管はS字に曲がっており、この部分にトイレットペーパーや便がつまることでトイレつまりが起こりやすくなります。
トイレで流してはいけないものを流す
次につまりやすいものはティッシュペーパーなどの「本来流さないもの」になります。嘔吐物やティッシュペーパーなどは水に溶けにくいため簡単に流れていきません。そのため、結果排水管に引っかかってしまいトイレつまりを起こす原因となってしまいます。
節水
実は「節水」もトイレつまりの原因の1つです。トイレの排水量というのは、便を流す時に必要な水量にあらかじめ設計されているため、節水することにより排水量が足りなくなってしまいます。結果トイレつまりの原因となることもあります。

水の溶けるものが原因なら効果あり~自分で水道修理をする方法~

つまりの原因が水溶性であるならば、自身で水道修理することも可能です。真空ポンプを使った対処法を確認しましょう。

真空ポンプによる水道修理の手順

排水口を塞ぐ

まずは真空ポンプをトイレの排水口を塞ぎます。この時使う真空ポンプは排水口に合ったサイズを使いましょう。トイレに水が少量しか溜まっていない場合は、排水口を塞いだ真空ポンプが浸かる程度まで水を注ぎ足してください。

カップを密着させて引く

次に排水口に真空カップをしっかり吸着させ、勢いよくハンドルを引き抜きます。この時、吸引力が強すぎて中で溜まっていたものが逆流してくる恐れがあるので十分注意してください。1回で改善されない場合は何度か繰り返しましょう。

最終確認

つまりが解消されている場合は、バケツで水と流した時にスムーズに流れていきます。この時にタンクの水を流してしまうと、万が一つまりが解消されていない場合水が溢れ出る恐れがあるので、必ずバケツの水を流すようにしましょう。

TOPボタン